【第4回】名作昔話『エンマさんの医者探し』から学ぶ「発想の翼」の広げ方
Pocket

名作昔話を掘り下げる、第4回目は、

よくできたお笑い小話

『エンマさんの医者探し』

をお送りします。

 

すごく短い話なんですけど、

そのぶん、骨組みの勉強にはもってこいです。

 

“モチーフ”(起点となっている発想)から、

どのようにして、物語が組み立てられているか?

これを丹念に見ていきましょう。

Sponsored Link

今回ご紹介する話は…

↑この中に収録されています。

このストーリーのモチーフ(発想の原点)


生きている間に悪いことをした人間は、地獄に落ちる……。

とすると、地獄にいる医者は、ヤブ医者ばかりのはず。

だって患者をたくさん殺しているから。

でも、ちょっと待てよ…。

じゃあ、“人を殺してない医者”がいい医者かと言ったら、

そうでもないよな。

だって、新米医者はまだ誰も殺してないわけだし……。

 

ハイ、ちょっと、

今回のモチーフは、変則的に記してみました。

 

でも、モチーフってこんなものですよ。

まだストーリーになっていないんです。

 

フッと頭に浮かんだ発想、それが

「ん? これって、物語のネタになりそうだな…」

と感じたら、そこから物語創作が始まっていくんです。

 

(これは「昔話」ではあるんですが、

その勉強にもってこいです。)

 

では、ここを踏まえて、

その物語作成の手順を見ていきましょう。

Sponsored Link



天(世界観)・地(場所)・人(登場人物)

・「日本の昔」
・「地獄」
・「閻魔大王」
モチーフを振り返って、「物語の設定」を作るとこうなります。
「地獄にいる医者はみんな、ヤブ医者である」
⬇︎
「それで困るのは誰?」
「地獄といえば、誰?」
⬇︎
「そうだ、閻魔大王が病気したってことにしよう!」
⬇︎
閻魔大王が主人公に決定

あらすじ(物語のおおまかな設計図)

では次に、2つのモチーフ、

 
「地獄にいる医者はみんなヤブ医者である」
「新米医者はヤブ医者ではないけれど、まだ誰も殺していない」
 

を盛り込みながら、あらすじをまとめていきましょう。

 
あらすじ

地獄(あの世)の閻魔大王が風邪をひいた。

地獄にいる医者に診せても、いるのはみんなヤブ医者だから、

いっこうによくならない。

閻魔大王は、この世に使いを出す。

「亡霊のさまよっていない病院の医者を連れてこい。

それがいい医者だ」

と言って。

使いの鬼が、ようやくそのような病院を見つけ出したが、

入り口に「本日開業」と書いてあった……。

Sponsored Link



起承転結は?


風邪をひいた閻魔大王が、

地獄にいる医者に診てもらうも、ヤブ医者ばかり。


閻魔大王の命を受け、赤鬼が

この世に「いい医者」を探しに使いを出る。


赤鬼は、閻魔大王の注文通り、

「亡霊のさまよっていない病院」を探し出した。

そこには、「本日開業」と書いてあった……。

このストーリーのポイントは?

前述の通り、この物語は、

2つのモチーフが鍵になっています。

 
❶「地獄にいる医者はみんなヤブ医者である」
❷「新米医者はヤブ医者ではないけれど、まだ誰も殺していない」
 

❶が頭に浮かんだら、こっちのものですね。

 

発想を広げていく一つのテクニックを紹介します。

それは、『と、いうことは理論』です。

 

これは私が編み出した(使っている)オリジナル理論なんですが、

一つの発想が思い浮かんだら、

『と、いうことは……』

を使って、発想の翼を広げていきます。
「地獄にいる医者はみんなヤブ医者である」
ということは…
⬇︎
「〜〜」
ということは…
⬇︎
「〜〜」
ということは……
 

みたいに。

発想の起点は、

“トンデモ説”みたいなものでいいんです。

 

・ボーダーを好んで着る女性はモテない、とか

・よく寝癖のついている男性はやさしい、とか。

 

(↑あ、ここはツッコミ禁止です。単なる“トンデモ”説の例ですから。)

 

そこからもう一つの、面白い“説”が出てきたら、

それを物語のオチに使ってみようとすればいいわけです。

 

じゃあ今ここで、一個やってみましょう。

 
「ボーダーを好んで着る女性はモテない」
……ということは
⬇︎
「男性に追っかけられたくない女性はボーダーを着ればよい」
……ということは
⬇︎
「最近都会に増えてきたボーダー柄の生き物といえば、
スズメバチだ。
スズメバチは、男性に恨みを持っている女性の化身なのかもしれない」
……ということは
⬇︎
「スズメバチは、男性しか刺さない。
男性がスズメバチから身を護るには、女装すればいい」
発想の翼の広げ方としては、こんな感じですね。

 

トンデモ説のようなモチーフでもいいんですが、

あんまりトンデモ過ぎると、

物語に説得力がなくなるといいますか、

すごく“独り善がりのストーリー”になってしまう可能性があるので、

そこは注意が必要です。

 

(多分↑の例で実際に物語を作ると、そうなります……。)

Sponsored Link



このストーリーの伝えるメッセージは?

私の敬愛する童話作家、斎藤洋さんは、

その著作の中で、

 

物語にテーマなんていらないんです。

書いている中で自然に出てきたものが、テーマになっていきます。

 

と語っています。


今回は、一編の昔話を紹介しながら、

 

「モチーフが思い浮かんだら、

そこから発想の翼を広げていくのが、創作のコツ」

 

と語ってきましたが、

発想を次々に広げていく中で、

その人自身の、思想・心情・人生観などが出てきます。

 

それらを材料に作った物語だから、

作者と読者の間で、

“心の奥底でのコミュニケーション”が取れるのですね。


最後に、

もう一度、この『閻魔さんの医者探し』に話を戻すと、

 

人が、普通は恐れるはずの、地獄、閻魔大王、鬼を、

これだけユニークに扱ったり、

 

あの世この世を軽快に行き来できるものと捉えたり、

 

人の世では「偉い」とされている医者をこのように皮肉ってみたり、

 

けっして裕福ではない民衆の間で

伝承されてきたお話なんでしょうが、

この物語に触れると、大笑いすると同時に、

「昔の日本人は皆、本当に明るく、洒脱に生きてきたんだなぁ」

と感じ、我々の祖先たちに、敬服せざるを得ません。

 

……昔話って、本当に面白いです。


……というわけで、

名作昔話を掘り下げる、第4回目『閻魔さんの医者探し』でした。

何らかのお役に立てば幸いです。

Pocket

こちらの記事もおすすめ