“本当の自分”ってあるの? 生きていくのに必要なのは「自信」だけ!
fxxu / Pixabay
Pocket

今回は、私が大好きな作家、東君平さんの詩から紹介しましょう。

とても、心に染みる詩です。

 

たとえアヒルの歩みでも

それが子犬の知恵にしろ

自分で選ぶ道だから

自分の歩く道だから

自分の足の向くままに

自分が生きて行く先は

自分の足の下にある

たとえアヒルの歩みでも

それが子犬の知恵にしろ

自分の生きて行く先は

自分の足の下にある

童話作家・東 君平(ひがし くんぺい)の詩『青春』より



「本当の自分」なんてものはない!?

毎日を快活に生きるのは、わりと難しいものです。

……だって、この世の中、何かと、ややこしいじゃないですか。

 

そんなややこしい世の中で、胸の中にいつも

“モヤモヤ”を抱えている人は、

少なくないのではないでしょうか?

 

このモヤモヤを、むりやり言葉にしてみると、

 

「自分のことが分からないから、進むべき道も分からない!」

「自分の本心が知りたい!」

「『本当の自分』が知りたい!」


だったりします。

 

あなたの幻想を、いきなり打ち砕いてしまって申し訳ないのですが、

残念ながら、本当の自分なんてものは、ありません。

 

この世の中にあるのは、ただ、「事実」だけです。

 

ここで言う事実とは、

「あなたが過去に何をしてどうなったか?」

というような、そんな正確な情報のことではありません。

 

あなたが歩んできた過去を「あなた自身」がどう捉えているか?

また、「第三者」はどう捉えているか?

 

という事実です。

Sponsored Link



人間は「納得」のために生きている!

占い師(霊能力者含む)カウンセラーなどの、いわゆる専門家は、

ヘタに専門家なだけに、すぐに小難しい言葉を使いたがります。

そうすると、いかにも自分が専門家っぽく見えて、

権威が増すと思っているのです。

 

しかし、何のことはありません。

単に自分に酔っているだけとも言えます。

 

本当のやさしさとは、

難しいことを、かんたんな言葉で、分かりやすく伝えること。

 

ですから、私は難しい言葉は使いたくありません。

 

人間が生きていくのに必要なのは、「自信」です。

 

(自己肯定感とか、自尊感情とか、自己受容だとか、自己効力感とか……、

そんな難しい言葉、要らないんです。)

 

では、この「自信」は、どうやったら手に入るか?

 

一番手軽なのは、「人から愛されること」です。

 

でも、これが一番難しいかも知れませんね。

何せ、人の気持ちは移ろうものですから。

 

じゃあ、

「人から愛されること」はすっ飛ばして、

とりあえず、確かな方法で、

自信を手に入れるには、何が必要か?

それは、「納得」です。

 

「本当の自分」なんてないけれど、

とにかく、「自信」を手に入れれば、人は生きていける。

その「自信」を手に入れるために必要なのが、「納得」です。


よく、心の専門家などが、

「過去を受け入れましょう」と、言ったりしますね。

私は、それは違うと思っています。

 

それでは辛過ぎるし、ハードルが高過ぎるし、

やさしくなさ過ぎる……。

 

言われたほうも、

「あんたに、私の何が分かるんだ」

と思ってしまいます。

 

過去を受け入れることが必要なのではなくて、

ただ「納得」すればいいのです。

 

なぜそうなったのか……

なぜ、そうならざるを得なかったのか……

なぜ、あの時自分は、あのような決断をしたのか……

 

どのような背景があったから、ああなったのか…

 

「納得」によって、人は立ち直り、

生きる力を徐々に取り戻していきます。


では、その「納得」は、どうしたら得られるか?

 

納得は、「過去に起こった事実」を整理すること、

つまり、自分の人生の“ストーリー”を整理することで得られます。

Sponsored Link



心の専門家、気持ち悪い…

ところで、

カウンセリングって、

どこか気持ち悪さがありませんか?


最近では、接客業などでお客さんの要望を丁寧に汲み取ることも、

カウンセリングと言ったりしますが、

ここで言うカウンセリングは、心理カウンセリングのことです。

 

「心」って、みんなが持っています。

カウンセラーとは、言わば、心の専門家です。

心の専門家??

……そんなもの、本当にこの世にいるのでしょうか?

 

一方、占いも、どこか、気持ち悪くないですか?


それっぽい雰囲気の人が出てきて、ナンタラカンタラ言ってくれて、

当たっていたら「すごい!」「おもしろい!」と、

感情は揺れ動くけれど、それで終わり。

 

その時、悩みが解決したと思っても、

また同じように、ムクムクと悩みは膨らんできて、

つい何度も何度も、足を運んでしまう……

 

そしてそのうち、

「自分では何にも決められない人」になってしまう……。

 

……あなたの周りにこれに思い当たる人、いませんか?

大手S新聞でコラムを書いてきた”童話作家”だからこそできること


心のモヤモヤをスッキリ晴れさせるためには、

人生のストーリー化が必要。

そのための「ノウハウ」を多くの人に伝えたい……

 

↑以前、私がこのように考え、まとめたE-bookがあります。

 

これを読むと、

 
● 自分の抱える「モヤモヤ」の本質が分かり、
悩む自分をどう改善すればよいかが、分かります。
● かんたんにできる「思考整理術」を知り、
自分自身を客観的に眺めることができるようになります
● 占いや、心理テストに潜む「トリック」を知ることにより、
もうそれらに惑わされないようになります
● 「自分の頭で考えること」の重要性が分かり、
“これまで窮屈な生き方をしていた自分”に気付きます
● いま生きている人生は「ストーリー」であることを認識し、
自分が心豊かに生きることこそ、世のため、人のためになることを知ります
 

このE-bookは、以前、私が、

「ストーリーカウンセリング」というサービスを行なっていた時に、

その導入用として作成した資料です。

 

拙い作りのモノですが、

もし、ご興味のある方がいらっしゃれば、

このサイトに訪れた方へのプレゼントとして、差し上げます。

 

こちらからどうぞ。

(↑この記事の中に、ダウンロードできる箇所があります。)

Pocket

こちらの記事もおすすめ